【相場観】既材料にて下落の展開だが、徐々に反発

徐々に反発。

22300円付近まで売り込まれたが、戻りはやし。

中国市場は0.4%安。

米・サウジ問題、

の為替操作国問題

消費増税ほぼ確定

など、悪材料尽きないが、ある程度すでに出ている材料のため、それほどこれだけでは売り込まれないか。

 

後場何もでなければ

夜の海外市場が注目されるところです。アメリカSQがあるのでそこは心配どころではあります。

 

しかし、ここから下の局面は、チャートからみても年末にかけて売り込まれる可能性は低いと見るので

ここは現状継続で考えております。

新規で入れるものはあまりありませんが

静観で。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ