【相場観】前場の売りに対して後場は堅調 理由は

相場観です。

前場の売りに対して後場は堅調

 

理由としては、

今日の午前中の追証の入金期日到来している投資家が多いと思われることが上げられるか。

入金ができない投資家の、強制執行が後場寄りに出るが、それに対する対処もあったと思われます。

 

売りが売りを呼ぶ展開だが、相場はそれほど悪いようにも見えず、長期トレンドはダウもまだ下降トレンドとは言えないので、はっきりいって手段は難しいが、堅調な銘柄は続けてみます。

 

イーソルは6000円到達。

銘柄選択はやはり良かったのかなと思います。握り続ける握力が足りなかったがしっかり利益も出ましたので良しとしましょう。

次の銘柄は相場を見極めていかないとはっきり出すのは難しいので、

状況次第で。

3銘柄は継続です。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ