【相場観】アノマリーで考えれば・・・

10月末。

アノマリー的に考えれば、

11月、12月というのは下げる相場になることは近年は少なく、

年末相場というものが出来上がる事が多い。

 

もちろん、とんでもな悪材料が出れば別ですが、

現状アメリカの利上げもそこまでのとんでもな内容ではないと考えられ、

年末にかけては安定的、あるいは上昇の可能性が高いのでは・・・とは踏んではいます。

 

銘柄を増やすにはまだ早いようにも思いますが(ダウの下落がまだ止まらない。ただしダウ先物は高い)

10月末であることを考えれば増やしてみたいタイミングでもあります。

 

月足で考えると10月は大きく陰線しかも包陰線なので来月からも売り目線ですが、

11月12月ということを考えれば底堅さも出やすいと見る。

 

とりあえず現状は3銘柄の紹介ですが、

状況次第で銘柄紹介していきますのでお待ちくださいませ。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ