【相場観】株価に関係しそうな米選挙について

今週はSQ。

そして、株選挙が注意点となりそう。

 

米中間選挙の結果が、日本時間では7日午後にも、大勢が判明することになります。

 

予想は、上院は共和党

下院が民主党

いわゆるねじれになる予想で、これは想定通りとなります。

この場合は、株は横か、上の可能性が高いが、すでにある程度織り込まれている。しかし雇用統計が良かったので、相乗効果で上の可能性が高いと思います。

 

FOMCが8日~9日にあるので、追加利上げがもし示唆されると、米長期金利の上昇→株価には痛手。

 

共和党が上下両院とった場合・・・読みづらいが、財政は拡張方向になると考えられる。

財政拡張は一般的には株にはプラスだが、米長期金利の上昇が重なると株式市場に悪影響が出る可能性もあり、読みづらい展開となります。

 

読みやすい展開としては、いわゆる政権のねじれが出る方向のほうが、相場は読みやすくなるでしょう。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ