【相場観】大阪万博需要が短期で占めそう

大阪万博が決まりました。

これにより、大阪万博需要が出てくる。

しばらく元気のなかった日本株への需要が増えるかもしれないので期待。

 

大阪万博関連に買い殺到中。

日経平均先物は軟調だが、

個別銘柄への買い意欲は強い。オリンピックと同様、長い目線で見れる。

共同PR 東洋テック RSC 桜島埠頭 三精テクノ 山九 森組 博報堂 杉村倉庫などが大阪万博関連か。

 

海外状況としては

米ダウ平均は続落、178ドル安。

ナスダックも反落。

ドル円は112円95銭~113円05銭。動きなし。

23日のNY債券、長期債上昇 10年債利回り3.04%

23日のNY商品、原油が大幅反落 一時、昨年10月以来の安値

 

iPhoneは販売不振の様相。鴻海、10万人削減とのこと。

よって、RAM、半導体にも厳しい。スマホ用DRAM2%安、10~12月 需要低迷響く

 

狙える銘柄は少ない。

IPOスケジュールが12月は過密の上に、ソフトバンクも上場するため、株資金的には分散される可能性も高い。

 

紹介していたジャストプランニング(4287) 4287 株価と銘柄情報 、さらに材料が出た。

スマホオーダーシステム「Putmenu」がエポスカードの決済に対応とのことで、もう一つ上になりそう。シンプルに推奨しておけばよかったと思います。

(推奨せずのこういった銘柄は何故か上がることが多い)

 

新規については状況判断しつつ出していきます。

(基本は国策のキャッシュレス関連を推しますが、他にもある、個別銘柄を敢えて押すかもしれません)

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ