【相場観】相場観

アメリカ相場が大幅下落。

夜について確認したあと戦略について。

4日の米ダウは大幅反落。

799ドル安

2万5027ドルの安値で終えた。

 

理由としては、特に悪材料が新規に出たわけではない。

米景気の拡大局面の終わりが近づいているとの観測で、金融やハイテク株などに売りが広がった。

これは以前から。

また、米中貿易交渉が再度先行き不透明感が出ている。

昨日、90日という猶予が出来たことで上げたにもかかわらず、下落したのは、

トランプ大統領がツイッターに

「私はタリフ・マン(関税が好きな男)」と投稿したことが上げられるようです。

 

新しいものはありませんが前日の強気相場だったこと、ダウの10月、11月の高値を結んだトレンドラインの高値場面で、上値が抑えられる場面であったことなども含め、売りに売られたというイメージです。

 

日経平均的には、21500円あたりはカイが入りそうであり、今日は弱いわりに頑強となるのではないかと予想。

全体的に寄りから弱いことが予想されるが、

今の所。全体的には継続のままでいきます。

 

これ以上厳しい相場になる場合、シナリオの変更も考えなければならないため、その時にはまた戦略を変えて、

状況次第で売りからの仕掛けなども考えなければなりませんが、ダウチャートもまだ24500ドルあたりではカイが入りやすいチャートですし、

現状では、このまま継続、で行きたいと思います。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ