【相場観】リスク要因

気になるリスク要因が現れました。

米中貿易摩擦の懸念が強まる可能性。

 

★カナダ紙

グローブ・アンド・メール(電子版)が、カナダ当局が米国の要請に応じて、

中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕したと報じている。

 

米中摩擦の懸念再燃につながる懸念。

株安・円高材料として意識されている模様。

 

これにより、ダウ先物が一時500ドル安。

現在200ドル強の下落に。

続いて日経平均も150円安。

 

これによる相場判断はまた状況次第で紹介していきます。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ