【相場観】ここが踏ん張りどころ。継続方向です。

お疲れ様です。

ここが踏ん張りどころと言えるでしょう。継続方向です。

 

先述した問題に加えて、

何故かここで北朝鮮問題が勃発して下げている。

 

主たる原因は、ファーウェイ副会長逮捕での米中問題の悪化だと思いますが、

それに加えてソフトバンクのIPOに対する換金ウリなどもあるのか、ウリが止まらず。

 

12月にこういう材料が出てしまうのも、今年のアヤの悪さといえるかもしれません。

 

チャート的には最終ライン一歩手前。

ここを割り込むと非常に痛い相場になり、来年以降厳しい相場になる可能性も。

単純に日経平均先物ウリを仕掛けたほうが儲かる相場になりかねないので、厳しい状態ですが、まだ方向性が定まらないため、様子見。

 

ダウは、11月27日~8日にあけた窓を埋めにいく展開か。

ダウ先物が現在24700ドル弱。

11月27日の高値が24750ドルであることを考えると、このままいくとほぼ、窓埋め達成か。

 

せっかく出来上がったダブルボトム 日経、ダウともに出来ていたが、

それを消してイッテコイの状態。

 

しかしトリプルボトムとなればかなり強い反発チャートになるので、ここは判断難しいが継続路線とします。

 

コンビニ系は非常に強い。

スリーエフ、ポプラともにM&Aの可能性もあり、コンビニは材料も豊富なので、ほかを切ったとしてもこの2社は継続予定です。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ