【相場観】現在の相場観

おはようございます。

米国株の状況から。

ダウは反落し、53ドル安となりました。

要因としては、「壁」巡る米与野党対立を嫌気したこと。

ナスダックは続伸。

 

11日のNY円、1ドル=113円40銭付近。

 

気になる材料としては、

中国がカナダ元外交官を拘束とニュース。

ファーウェイ問題で報復? の可能性があります。

 

今の所問題視されていませんが、米中貿易問題が深くなっていく一方となっております。

 

EU首脳、メイ英首相と協議。

「再交渉」には応じず。

 

 

また、日銀のETF購入について。

年6兆円突破し、年間で見ると、今年は最大のようです。

株価に対して、ETF買いによる、下支え。

日銀買いに依存する市場となりつつあり、しかしいずれはETF買いはなくなることを考えると、難しいイメージとなります。

 

昨日、21100円割れは、長期トレンドに変化があるため、先物売りをしかけていく場面となると紹介しましたが、結局のところ、夜の市場も堅調で、買いが入る結果になりました。

現時点で、21380円付近で日経平均先物は推移しそうですので、日経平均もGUで始まります。

本日は堅調な相場に期待しましょう。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ