【相場観】今週の相場観

ダウ496ドル安。

週初から弱含みとなりそう。

リセッション警戒。

 

FOMCで利上げとなれば金利リスクが。

逆に利上げナシとなればリセッション警戒。

どちらにしてもリスクが高い今相場となりそう。

 

米中貿易問題や、上海、ダウ電子取引を気にしながら弱腰、脆弱な動きとなりそう。

なお、一部で懸念された日銀のETF買い付けの年内予算オーバーによる終了懸念はなくなった。

日経平均円21000割れからを果敢に売り進む向きとはなりにくそう。

警戒は、先行き不透明感、世界経済減速懸念。

債券への資金シフトなどで積極的な買いは期待しがたいが、ETFカイもあるので売りまくるというイメージでもない。

 

クリスマス休暇入りしたファンドマネージャーも少なくなく薄商いとなりそう。

薄商い・閑散は買いが基本だが、買いにいくのも、難しい。

週末にはアメリカSQが控える。

難しい傾向はますます強まりそう。

 

下値は叩かれるよりも、底堅くなりそうなので基本は継続です。

しかしながら、これは弱いと判断した場合は一旦ほぼ撤退&日経平均先物売り狙いに変更する可能性がありますので、よろしくお願いいたします。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ