【相場観】【推奨完了】リセッション警戒

シンプルにリセッション警戒相場

FOMC控え持ち高解消の動き。

米国株、ダウ平均507ドル安。

9カ月ぶり安値

 

マザ先行で日経平均も下げている。

 

ややこしいのは、ダウは下抜けしたが日経平均は下抜けしていないことで、

ここで売る判断がしづらいところ。

 

ただ、ここでリセッションであれば

来年は下げる可能性は高くなってくるので、ここは戻りがあれば売りに入る予定と考えます。

 

というわけで、リスクはこれ以上追わず、売りのときの鉄則に方向性を変えます。

カイで勝負しづらい状態になるため、方向性を変えていきます。

 

昨日持ち越したツクイスタッフも売り込まれ。3605円撤退とします。

今年のIPOはほとんどダメかもしれません。

 

銘柄製の悪くないアクリートも下抜け。925円撤退。

 

VALUENEXも、戻りを試すこともなく。3050円撤退とします。

 

シリコンスタジオ(3907) 3907 株価と銘柄情報 も下抜けそうなので1181円で撤退。

リスク下げるために、UBICOM1040円、バンクイノベ1679円

メディアシーク689円と撤退します。

 

なお、コンビニ2社 M&A方向なので、ポプラ、スリーエフは残す。

来年期待のフィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報 は安いので継続。

唯一強いオプトエレ(6664) 6664 株価と銘柄情報 はもう少し残します。

 

ダウチャート、日経チャートの売り鮮明が出てくるのを待ったため

売り遅れた感が出てしまったが、

次の一手を打てるようにしますので、お待ちくださいませ。とにかく来年のりセッションからの

日経平均20000円割れやダウ23344ドル割れからの下降トレンド入り警戒体制です。戻れば売りにいく予定とします。

 

また、日経平均先物売り

空売り

など使っていく可能性が高まってきましたので、お知らせしておきます。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ