【相場観】FOMCを受けての相場

おはようございます。

FOMCを受けての相場となりますが、

3時頃までは強かった相場が、急落。

為替はさほど動きはなく、特にドル円は変化ナシ。112円45~55銭で終了。

東京市場17時時点比で5銭程度の円安・ドル高。

 

米ダウ平均351ドル安。

1年1カ月ぶり安値となりました。FOMCを受け、売りへ転じる。リセッション鮮明。

FRBが3カ月ぶり利上げ、来年は2回にペース減速。リセッションの上、利上げはアリということで、米株価に悪影響。

FRB議長会見、米経済「軟化示唆する動き」としたことで、米景気への陰り、世界景気への陰りが見えてきた。

7~9月の米経常赤字は23%拡大。

また、直接関係はないが、6月比お社長100人アンケートで、世界景気は「拡大」のアンケートは24ポイント減 米中対立長期化が理由。 

 

ダウのチャートは、下方向。陰線連続。

年初来安値割り込んだことで、非常に悪いチャートです。

本格的に下げ相場になるので、戻りは売りのイメージで考えます。FOMCがあったため売り仕掛けができませんでしたが、実際は売りを仕掛けたいところ。

戻りがないためまだ仕掛けづらいが、戻れば売りで仕掛けて行く可能性ありと紹介しておきます。

 

カイでやれる銘柄がほとんどありませんが、何か良い銘柄があればご紹介しますのでお待ちくださいませ。

今は日経平均先物の戻りを売る

ユニファミマ(8028) 8028 株価と銘柄情報 は売り勝負

 

というイメージで、残りの銘柄は長期銘柄です。

 

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ