【相場観】引き続き相場観

引き続き相場観です。

トランプ氏発言として

「唯一の問題はFRB」

トランプ氏、再び利上げ批判を繰り広げています。

利上げをすることで、株価も下がり、株価が下がるとトランプ氏の価値も下がる。

 

政府機関閉鎖、長期化の可能性も。

米政権幹部「越年の可能性」

とのこと。

 

米債務問題も尾を引く。

 

最終的に、どこかで折り合いをつけるにきまっているのですが、

株価というのは、いつも反応するものです。

 

下げて、下げきったところで買いに転じる。

決して、現在の状態はサブプライムローン&リーマンショックのような絶望的な内容ではない。

 

買い方の希望的観測が消え、絶望に変わった。

下値を叩きこんでいるが、まだまだの印象。

売り方の警戒感が高まったときに、株価は急反発に転じる。

 

2015年にも、ダウでいえば15%以上の下げがあった。

今回、26951ドルからの下落であるため、単純に、ダウはまだ20%も下げていない。もともとの株価が高いので、数字が多くなりがちだが、

株価は%で見るものなので、急落といっても20%もいってない計算。

 

さすがに今日買いにいくのはギャンブルだが、そろそろだとは思っております。

追証などをそろそろと折り込み、そろそろのタイミングになると予想します。

 

なお、大塚家具 買いたかったですが、急に買いがはいり、100万を超える買いに。

もしも寄る展開ならばストップでも買いにいきます。

 

株価が材料で急上昇するのは、普通にやっている会社よりも、どうしようもない状態の会社に好材料が出て、株価が上場廃止の方向性から立ち上がることで何倍になる、ということが多いものです。

好材料の同社は思い切って狙ってみたい。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ