【相場観】相場観 ダウ1000ドルoverの上昇

おはようございます。

相場観です。

 

26日の米ダウ平均は、1086ドル高となりました。

上げ幅は過去最大。

特に材料があったわけではなく、短期的な戻り。

 

連日の下落で、短期的な戻りを狙った大量買いが入った。

買いアルゴも入ったようで、買いが買いを呼ぶ展開に。

 

円安 111.2円で外部環境はほぼプラス方向のみ。

今日は日経平均の戻りも一気になりそうですが、夜間での上昇なので、窓開けとなりそうで、持ち越ししている方のみの恩恵か。

 

数字的には、やはりPBR1倍あたりは心理的にも買いだったようですが、あまりにもやりにくい状態。

 

今後の展開はまたご紹介していきますが、

材料環境が変わらない限りは戻りは売りと考えているため、日経平均20500円~21000円への戻りがあれば売りにいきたい場面にはなる。ダウでいえば23500ドルあたりか。状況次第であるため、相場を読みながら、明日、あるいは年明け、に判断。

銘柄としては、いくつかご案内している状況になりますが、相場環境が整えば、TDSEが空中戦となり吹く可能性は高いので、注目しましょう。

あと、大いに注目されるのは大塚家具(8186) 8186 株価と銘柄情報 なのでこちらも底値買いしておきたい。

 

日経平均の戻りとともに、利益確定したユニファミマ(8028) 8028 株価と銘柄情報 あたりの空売りを再開させていくかもしれませんが、

戻りも鮮明になる可能性があるので、考えていきます。ここ数年の流れでいえば、このような大きな戻りは、中期的な戻りに入るターンになる可能性が高い。

しかしながら、戻りは売りのチャンスにもなり、今後、W底などチャートを作りながら、徐々に戻っていくと考えます。

場中に買いができるタイミングをほとんど作ってくれなかったので、上手く売買していければと思います。

最近IPOのみ、推奨としていましたがIPOは現在持っているのはTDSEのみで、これが一番本命です。

 

ほか持っている銘柄は基本継続です。

 

それでは、本日もどうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ