【相場観】マザーズ、プラテン

マザーズがプラテン。

まさかの動きとなっていますが、

朝の続きで、バイオ関連の動きが指数をプラスへ持っていっております。

 

また、IPO一角も強い。

IPO不在の時期に入るため、ここから1ヶ月~2ヶ月は、前年度末のIPO銘柄に資金が入りやすくはなります。

 

銘柄としては、TDSE、ACSLを筆頭に。

テノ、AmidAHD、Kudan、ピアラなど。

 

株価的に、下落して狙いやすそうなのはTDSEとピアラあたりでしょうか。

 

何故か、材料、銘柄性などからすると数字としては上げづらい、

ベルトラ、アルテリア、EduLabなどが上昇しているのは不思議なところであるので、まだ様子を見ています。

 

ここで、狙うならTDSE、ピアラあたり。

ACSLもアリですが、上昇し続けているので、買いづらいといえば買いづらいでしょう(銘柄性は素晴らしいので、気づいたら5000円、という可能性は高い銘柄です)

 

海外の相場がどうなるかわかりませんし週末であり、不安要素が多すぎるため、買い推奨は難しいですが、

去年から、積極的に行かなかった場合に上昇する傾向が続いていますので、

積極的に行かれる方はこれらを狙っていっても面白いでしょう。

 

急激に動く事が多いので、7%、最悪でも10%マイナスで、ロスカット値を決めて動くのを推奨します。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ