【相場観】SQ前の調整。マザ失速

日経平均は、SQ前の調整。

ここまで上げ、週末が接近していること、SQ前、

また更に12月の下落からの病み上がりでまだまだ気合が乗っていない現状のため、勢いが続いていない。

 

マザは888ポイント付近。

マザは年初来負けなしの続伸だったが、日経平均に歩調を併せ失速した。

 

日経平均は当然の一服と言えそう。

ここからは押し目を探ることになるが、米中貿易問題が去年とは違って落ち着いているため、株価は戻りやすい。

しかし戻ったところは、売られやすいので、BOXにしばらくなりそうと感じています。

 

2万円以下へと売り込む理由も特になく、

米もFRBが利上げに慎重姿勢、ハト派に態度を軟化。

 

となると、ドル安円高にはなりやすいが、

ダウは強くなるので日経平均も弱々しくはない。

 

20000円程度では下げというほどでもないが、ここからは急失速 19500円のような場面があれば、思い切って買いにいく場面。

逆に、何らかのカタチで21000円~の動きがあれば売りにいくイメージ。

上下どちらにいっても両天秤で取りに行く方針ですが、今の水準は中途半端であるので、基本は様子見となりそうです。

 

推奨があまりできず面白くない相場にはなってしまいますが、

危ない時や戦略に乗らないときには株はやらないか、完全に個別、あるいはテクニカルのみ、になりますので、無理はしないようにしていきましょう。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ