【相場観】【監視銘柄】全体的な相場観

今週もバイオが強い。

ただし、オンコリスバイオファーマ(4588) 4588 株価と銘柄情報 など局地的ではある。

全体的に資金が入っている印象があまりないので、

本日朝にテラ(2191) 2191 株価と銘柄情報 を監視系で紹介しましたが、もし打診したならば、早めの切りが必要かもしれません。

 

中国景気鈍化が尾を引き始めた。

アイフォーン売れ行き不振でのアップル後退、円高進行など、日本企業への業績懸念が強くなってきており、今週は新規買いは入りにくそう。

それでも20300円付近を保ってはいる。

 

ダウが年末弱かったのは、

業績と、米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースと、米中貿易問題が重なったから。

 

今年は、トランプ氏が株価をあげたい移行?から発言が若干穏やかで、FRBも利上げが緩やかになるとの観測があるため、米株は底堅く推移、

昨年の末のようなことにはなりにくい状況ではあるが、上値も重たいので、やはりBOX。

新規材料や、以前の材料の蒸し返しで大幅下落するならば買いにいき、

上昇するならばBOXで売りを出していくイメージ。

今の状況は中途半端なので、個別のみで行く方向に変わりなし。

 

監視銘柄の一角BBSecが急上昇してきました。

セキュリティ関連が強くなる可能性。

またこの銘柄は上場来安値割れを否定(一瞬割れましたが、ボトムラインと読む)しての動きなので、面白い動きになるかもしれない。

下降トレンドの上値抵抗ラインは2000円ぐらいにはあるので、あまり大きな期待はしづらいが、ボトムラインではダブルボトムを直帰で引いてきてるので、案外面白い展開になるかもしれません。

 

ヒビノは中期的、2000円割れてきたので、次の買いターゲットは1900円前半というところです。

ナンピンしていけるならば今の水準もありですが、日足チャートは若干崩れたので、スルー。押し目狙い。

 

大塚家具(8186) 8186 株価と銘柄情報 も強い。継続です。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ