【相場観】久々にドル大幅安

おはようございます。本日もどうぞよろしくお願いいたします。

3連休明けのダウは久々の大幅安となりました。

日経平均は続落で20500円を割れる展開になりそう。

日経平均先物ではすでに割れており、この展開に向かう方向性となりやすいです。

 

原因としては、根強い世界的な景気減速懸念、米中貿易摩擦。

3連休けの米株が大幅安となった。

 

特に新しい材料というわけではなく、米中貿易問題などが取り沙汰された。

中国関連など景気敏感株を中心に売りが出そう。

英FT電子版が、月末開催予定の米中閣僚級協議で、トランプ米政権が予備協議の開催拒否と報道、これが主要因か。

といっても、新たな材料というわけではなさそう。

 

ハーモニック(6324) 6324 株価と銘柄情報 と関連株()に注意しておきましょう。

2018年10~12月の受注高(単体)は前年同期マイナス76%とのこと。

中国での設備投資の減速が主な理由。

ファナックや安川電などファクトリーオートメーション(FA)関連株に大きな影響を与えるかも。

となると、相場全体が冷えやすい展開になる可能性もあるので注意。

 

紹介している銘柄としては

大塚家具(8186) 8186 株価と銘柄情報

エクストリーム(6033) 6033 株価と銘柄情報

エコモット(3987) 3987 株価と銘柄情報

あたりのみ。

 

他新規でというイメージではなく、結局中途半端な位置の20200円~20500円の日経平均位置なので(日経平均売りを20800円~で仕掛けたかったところではあったが、それにしても中途半端な位置であったので仕掛けませんでした)、個別は置いておいて、今後の展開予想はしづらい状況。

突っ込みは買い、21000円~は売り、の戦略としておきます=今年の始めの戦略と同じ。

突っ込みは買い、大きな上昇は売り、それ以外は個別

 

でいきたいとおもいます。

どうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ