【相場観】夜間相場について

夜間相場のおさらいです。

26日

米ダウ平均は、反落。

33ドル安となったが、ほぼ変わらず堅調。

利益確定売りが入った様子。

 

26日のNY円、1ドル=110円55~65銭で終了。さほど変わらず、東京市場終値比27銭程度の円高・ドル安。

 

日本株は、売り材料もないが、買い材料もない。

心理抵抗21500円付近を意識しての小動きとなりそう。

米中貿易交渉が合意に向かっているとの期待や米朝和平ムードが相場を支えるが、これらは既に織り込まれているといえる。

 

日経平均は世界からは出遅れているが、利益確定売りも出やすい。

新たな材料が少ない。

景気や企業業績面で日本固有の買い材料もなく、小動き薄商い。

 

小型、IPO、材料株などの個別物色が継続しそう。

 

大型株についてはどちらかというと売り目線で考えてはいますが、

アメリカが変わらず、強いので踏まれる可能性を考えて単純にチャートで売りには行きづらい。

 

日経平均先物売りなどに行く場合はタイミングを見て行きたいと思っております。

 

それでは本日もよろしくお願いいたします。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ