【相場観】相場観2

材料コメント

 

・米株場の上昇一服、材料不足。

・米中貿易協議の行方を見極めるタイミング

・日本はMSQを控える。米も雇用統計を控え、積極的な買い持ちを控える動きになりやすい。

・米国による対中追加関税の引き下げなどの期待は、株にある程度織り込まれている。

・今年のトランプ氏の動きからすると、米中関税に関して大幅株安に導く可能性は低いと思われるが油断は禁物

・月内に予定される米中首脳会談での合意内容を確認したいとの声は多い

・3月期末は国内金融機関の利益確定目的の売りが出やすい

・月、火の日経平均のチャートは、ウリを示唆。MSQ週であることも考えると今日明日は要注意だが、下値はなかなか固い

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ