【相場観】ダウ相場から日経平均を読み解く 今後の予想

お疲れ様です。

 

酷い下げとなりましたが、下げがなければ上昇もなく、今回の下げは想定内です。

しかしまだどこまで下げるのかわからない!!という声も聴きますが、今後の展開を考えていきます。

 

基本は、買でいす。とくに今日下げるならば買いだとみております。 

 

まずは、一番重要なのは今回の売りが何だったのかということを読み解きます。

 

①世界経済の後退

②エボラ出血熱の広がり

③10月度、特有の売り

④ファンドの売り

 

①は指標によるもの。しかし、この下げは経済を表したものではないというのが、一般的に識者が話していることであり、それは間違いないでしょう。つまりは、①は口実。

②これは理由としては結構な範囲であげられるが、これが要因で下げるというのも違うように思います。どちらかというと、アゼアス(3161) 3161 株価と銘柄情報 等のエボラ出血熱関連銘柄の上昇に役立っている。

③これは、アノマリーによるもの。10月度は波乱が大きいというのは、今までの経験則上によるアノマリーから。売り要因としては心理的なものなのですが、ここはそれなりに大きい理由となる。

④そして今回の下落はこれがメイン。③と合わせて、10月要因に絡む、米のファンドの利確が入った。③④が本来の目的としての売りであった、下げた理由として①②を口実になったという考えでいます。

 

この下げが連続している中、そろそろ戻すと申し上げるのは非常に度胸がいることです。

こうした下げにテクニカル的なものは通用しない。

しかし、下げたことに、上に上げました通り一応の根拠がありますので、その根拠をもとにすれば、そろそろ戻すというのは経済上自然の摂理となります。

②はともかく、①に関してはQE3が終わることによる懸念となるのですが、そんなことは以前からわかっていたことで、これが10月末であることも何かの因果か。

 

どちらにせよ、④のファンド売りが15日にて片がつくため、売り圧力は弱まってくるとみています。

思ったより長引いた下げ相場でしたが13日~15日、さらに16日が買い場であるということは申し上げてきた通りです。

 

大々的に予想してしまうのは怖いのが正直なところですが、ここは勝負に出ていきたいと思います(推奨銘柄も増やしているのはそれが理由です)。

つまりは、今日は買い場であるということです。 

 

1つの参考資料に、ご活用ください。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ