【相場ネタ】世界的相場ネタ 金融市場に変化あり

アメリカの2月の雇用統計が、

非農業部門の雇用者数は好調すぎの1月の反動もあり、2万人の増加に留まった。

今までの増加から考えると非常に低レベルな増加で、次月も同じような状況になると景気後退が色濃く見えてくる。

 

理由としては、米国も貿易戦争や世界的景気後退の痛手を受けていることから。

市場予想18万人だったため、それを大幅に下回り、アメリカ相場も弱い。

しかし、先週はすでにそれをある程度察知していたような動きではあります。

 

今月は、政府機関閉鎖、天候という要因もある。

2016年5月は1.5万人増、17年9月は1.8万人増だった事もあるので、時々ある現象ではある。

その時は、その後に増加数が急回復した。

今回も3月に戻れば、2月の結果を深刻に捉える必要はなくなる。

 

景気後退が鮮明になると、米連邦準備理事会(FRB)の利上げの打ち上げ期待も出てくる。

来月の米雇用統計が注目あつまるが、その前の動きに注意を払いたい。

 

また、7日には欧州中央銀行(ECB)が利上げ時期を来年以降に延ばすと表明している。

これで、景気後退に対して、米欧中銀がハト派に傾いている。

 

円高が進まなければ株は安定する可能性が高い。

ここから一段の下げがあればそこは買い場面と見て、日経平均20000円~20500円の場面は積極カイを基本スタイルに持っておきたい。

 

今日は朝イチ上昇した銘柄がおおい。

しかしその後売られ下落パターン。

個別を買いにいくにはもう一段の押し目が必要なところ。

 

その場面では積極的に買いにいく予定。

 

Amida(7671) 7671 株価と銘柄情報 が調子良し。上値追いパターンとなれば新値も見える。

ラオックス(8202) 8202 株価と銘柄情報 は継続。

リネットジャパンは先程出したが押し目も狙いにいく。

 

夢の街創造委員会(2484) 2484 株価と銘柄情報 は先日一旦終了したが、押し目狙い。

 

 

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ