【相場観】先日夜からの相場観

相場観です。

 

22日の米ダウ平均は460ドル安

米欧指標の下振れ

ボーイング下落などが影響。

欧米の経済指標が低調で、米国債市場で期間10年の金利が急低下、3カ月物を下回る「長短逆転(逆イールド)」が発生。
世界景気減速不安が再燃し、投資家のリスク回避姿勢が強まっている。

 

今日は確実に日銀のETF買いが入りそうであり、下から始まって、ETF買いで多少反発する場面が出そうな予想。

 

配当落ちは27日。

予想では170~180程度、日経平均が下落します。

 

押したところでは買いが基本と考えるが、

ダウの雇用統計の2月度の予想外の大幅下落などもあり、懸念が尽きない。

 

ダウチャートも3月11日の下落場面を下っていくと、今後は2月3月の高値を見て、ダブルトップで下降トレンドへ変わってしまうため、今は買いは難しいと思います。

日本も3月11日の安値を割り込むと怖いチャートになるので、個別銘柄で元気なものを狙いにいくイメージとなりそうです。

 

新しい情報などあればご案内していきますので、

どうぞ宜しくお願いいたします。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ