【相場観】続いて相場観

先程に続いて相場観です。

欧州方向ですが、

 

フランス製造業PMIが49.8

ドイツ製造業PMIも44.7と悪い数字

 

ユーロ圏の景況感が悪い状況です。

ユーロドルも現在1.1320ドル付近まで下がってきました。

 

アメリカではFOMCはハト派。

しかし、それでも上昇していかず、先週の弱さ

さらに景況感の悪化

 

もしかすると3月度雇用統計で悪い数字が出る可能性

もしそれが出れば、世界的にリスクオフの動きにもなりやすい状況に。

 

下げは歓迎としていますが、かなり注意の場面かもしれません。

一旦、買い全外しから売り目線への転換も考えたいとおもっております。

戻りは売り目線です。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ