【相場観】朝の相場観

おはようございます。

15日米国株は反落

ダウ27ドル安となりました。

日経平均は22100円を意識。

若干弱い展開となる可能性が高いが安定となりそう。

昨日は3日続伸で約4カ月ぶりに2万2000円回復。

目標達成感あり。

 

ダウが反落しており、自律性ゼロの日経平均に上がる理由は乏しい。

利益確定売りが優勢となる可能性が高い。

 

チャート的にも窓を開けて日経平均が伸びているので、

一旦調整が入りそうなのと、GW休みと5月のセルインメイの格言の流れからして、徐々に上を取りにいくよりも利益確定していく向きの投資家が増えていきそうです。

 

個別にしても徐々にその流れはでてくる可能性が高いので、銘柄数は減らしつつ、期待できそうなチャートや状況の銘柄のみ残す形でリスクを減らして行く方向で考えています。

 

日柄的にもGWまであと2週間を切ったため、方向性としてはリスクをとらない方向性を考えています。

個別銘柄についてもその方向性にしていきますが、チャートがよいものや動きがあるものは使って行く予定なので、

必要に応じまた紹介してまいります。

 

昨日はスマレジを紹介しましたが、下値固めからの反発に期待。

スイングですが、チャートなど動き次第ではGW持ち越しも考えます。

他の銘柄も同様、動き次第ではGW持ち越しあり

相場を見ながら判断します。どうぞ宜しくお願いいたします。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ