【相場観】【推奨完了】現在の相場観と銘柄について

ダウは43ドル上げで微上げだが、

米メキシコの移民・関税問題が浮上。

 

ドル円が109.2円付近となっております。

 

Chartがこのまま悪い状態が続くようであれば、思い切って売りにいってみたいところだが、

新興市場には問題のない材料でもあり、判断はむずかしめ。

 

一応、後場も引き続き弱い場合は打診売りをする可能性あり。

その上で、戻りは明らかに売り方向で見ていきたいため、積極派は今日の後場引け間際に判断して売りを考える。

安定的にいくならば、戻りを売りです。

 

エードットは残念ながら、この下落相場の中で巻き込まれた形か。

2500円ロスカットとなりました。

次の銘柄探してまいります。

 

 

監視銘柄は

はてな(3930) 3930 株価と銘柄情報

日本通信(9424) 9424 株価と銘柄情報

フジタコーポレーション(3370) 3370 株価と銘柄情報

 

ですが、状況次第でご案内してまいります。

はてな(3930) 3930 株価と銘柄情報 が一番安定的だが、こちらも4770円で反発、と高めでの反発だったので買いとはいけず。

もう少し押し目を待つか、反発のローソク足が出てから開始としたい。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ