【相場観】メキシコ問題 対メキシコ関税 で景気に懸念勃発で日経平均20000円が見えてきている相場

おはようございます。

メキシコ問題 対メキシコ関税 で景気に懸念勃発で日経平均20000円が見えてきている相場

5月31日の米ダウ平均、大幅反落 4カ月ぶり安値 対メキシコ関税で景気に懸念

5月31日のNY円、1ドル=108円25~35銭 メキシコ関税受けリスク回避の買い 東京市場終値比52銭程度の円高・ドル安

 

円高傾向非常に早く進展。

中国貿易問題も、中国国防相が「戦う準備ある」と発言

長期化となりそう。

 

メキシコショックでの売りを検討していたが、

タイミング悪く乗れず、申し訳ありません。

 

メキシカン・ショックはまだ織り込み不足と考えてはおりますが、心理的反発ライン20000円も見えてきており、

今週初旬は下値を模索するが、じきに反発になる可能性は高いと見ています。

 

銘柄は

ヘリオス

日本通信

フジタコーポ

 

きついが継続です。

日本通信(9424) 9424 株価と銘柄情報 は先週引けの動きも悪くないため、

低位株ですし、動き出るかもしれません。

 

監視のはてながストップ安の板状態でしたが、

さきほど1万株売りが減ったため変わった。

しかしGDで始まる。

 

4300円~4400円は、75日平均線が近いこともあって狙ってみたい銘柄となります。

4000円割れロスカット予定で狙ってみる手はあるように思いますので、4350円があれば入ってみたいと思います。

 

 

 

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ