【相場観】相場観、材料

おはようございます。

世界的相場観、材料です。

 

米国株、ダウ3日続伸で207ドル高となりました。

米利下げ観測の高まりが理由。

23時発表のISM非製造業景況指数は56.9で好感された。

 

ただ、日経平均先物、は上げず。

 

FRB緩和、新段階を模索、長期金利を操作・物価目標見直し

利下げ余地は乏しい

パウエル議長は利下げの可能性がある発言をしており、各国中銀はハト派となっています。

 

ドル安に傾きやすい状況になるため日経平均は上げづらい展開か。

 

ただ相場的にはダウ、世界情勢が安定することが望まれますので、まずはいい傾向であることは間違いない。

 

ダウチャートはまだ、下降トレンドの上限範囲内。ここはもう一つ様子見したい。

日経平均も同等。

上げても出遅れ銘柄はでてきますし、アメリカの経済指標がでてくるのを待つイメージ

 

個別は日本通信(9424) 9424 株価と銘柄情報 が上昇して始まった。

昨日はかなり売られましたが利益確定売りが中心か。

上げれば売りの買い戻しもでてくるでしょうし、178円超えれば200円方向。

どこまでいくかわからなくなるので、やはりまだまだ注目したい。

 

場面的には本日は150円割れるなら利益確定します。

それ以外は状況次第。

 

本日もよろしくお願い致します。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ