【相場観】2日連続の下落。SQを視野に

相場は2日連続の下落となりました。

SQを視野に入れて、下落の形。

 

ダウも一旦調整含みであり、これはある程度仕方のないところかと考えます。

 

日本株は、主体性もなく、外部環境次第。為替次第。

外部環境が安定しているので売り込む材料はないが、買い方もいない。

日銀のETF買いは支える方向で買っているが、上値を買いに行くタイプではないので上値は重たい。

 

個別は強い。

カー関連や5Gは渋ったが、個別に動いている銘柄は活発。

 

日本通信(9424) 9424 株価と銘柄情報 、オートウェーブ(2666) 2666 株価と銘柄情報 、などのように局地的に動くものをうまく取り入れることができれば大きく数字も稼げる。

 

推奨継続はヘリオスのみ。

 

監視はユーザローカル、日本通信、オートウェーブ、東洋電機製造だが、

東洋電機製造は長期。

どれも中途半端。

ユーザローカルも買うには半端な数値。

 

明日のSQが一旦終わってからのほうが動きを出しやすいかもしれないので、

現状では落ち着いて行動、静観。

 

動きたい時にしっかり動けるよう、あまり銘柄を持ちすぎないようにし。キャッシュを用意しておきましょう。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ