【相場観】朝の相場観

おはようございます。

夜の相場を確認から。

26日の米国株

ダウは小幅続落

11ドル安 となりました。

 

ほぼ動かずの理由は、G20、米中首脳会談を控えること。

 

為替については、106円まで行っていたが、

市場予想が予想以上にハト派に動いたことが要因。

 

7月に0.5%の利下げ? という思惑があったが、実際は各要人発言からすると0.25%にとどまりそうで、相対的にドル高へ。

 

どちらにしても、基本的にG20が終わるまでは動きをつけづらいので、日経平均から攻めるということはしない方向性です。(下げる要因が出てくれば売りを仕掛ける可能性はありますが)

 

個別は、

インパクト、リミックスポイント、など監視銘柄はほぼ予想通りの動きだったりしているので、監視銘柄を積極策でいくほうが良い効果を生みます。

リスク観点からガンガン銘柄を出すことはしてないですが、監視銘柄を監視対象にしたあとにサクッと仕入れたほうが好結果につながっているので、それを確認していただいた上で入るかどうか決めて頂ければと思います。

 

推奨銘柄はまちまち。

オンキヨー(6628) 6628 株価と銘柄情報 はついていきますが陰線つけるならば利益確定します。

 

個別も探しながら、配信してきますのでどうぞ宜しくお願い致します。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ