【相場観】G20終了 廃プラ関係に注目があつまり、抑えられてきた株価が急上昇

おはようございます。G20の流れトランプ氏の発言などまとめておきます。

米朝首脳、板門店で会談、大統領初の北朝鮮入り、非核化交渉を再開。   
米、対中追加関税見送り   
G20後の世界 内向く米中、危うい休戦   
トランプ氏、米中関係「戦略的なパートナー」 G20閉幕後会見  
トランプ氏「中国への関税引き上げ、当面しない」
トランプ氏、中国との貿易交渉「急いでいない」   
トランプ氏、日米安保「不公平、変えなければいけない」   
トランプ氏「米製品をファーウェイに売っても構わない」   
トランプ氏、日米交渉「今のままではうまくいかない」 
半導体材料、対韓輸出規制へ、元徴用工巡り対抗、自由貿易に逆行も

 

 

今後も米中貿易問題に注目。

米中首脳会談は今後も継続路線。

これが完全決裂となり、トランプ大統領が対中関税「第4弾」発動宣告となれば、リスクオフムードで、世界同時株安となる可能性が高い。

世界的に株価は高値圏で悪材料には敏感。

 

株価は上げてはおり、日経平均のチャート的には逆三尊型的な動きになっているため、上への推進力はありそう。

悪い材料がなければスッと上げていく可能性もあるので、悪い材料等でなければ、持ち株は継続路線のものを多くとしておきたい。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ