【相場観】現在の相場感

現在の相場感です。

相場としては指数に方向性はない。

個別物色意欲は強い。

JQ20 JQ平均 マザは小幅安、Jストック JQ指数はプラスとまちまち。

 

アメリカが独立記念日で休場、
週末で雇用統計が控えるとあって全般には薄商い。

個別物色意欲は強く、低位なども動いており、以前紹介していた日本通信(9424) 9424 株価と銘柄情報 も上昇し240円どころまで上げている。

 

IPOも割と強い。

推奨のなかから新日本製薬が1900円を一時突破。

今日はIPOとしては人気系のフィードフォースが上場したため少し資金取られているような印象があるものの、リビン~は反転しそうなチャート、あさくまは堅調、など悪いうごきではない。

特にIPOについては波乱などなければ、来週以降、IPO閑散期が9日ほど続くため、やるものがあまりなければ注目あつまるセクターになる素地は十分にある。

 

チャート崩れとなるロスカット値は守るが、基本的には継続路線。インフォネットも反発の兆しがあるならまた狙うかも知れません。

 

為替は横。

世界的に金融緩和方向であるが、アメリカの利下げペースの市場予想が大きかったため、戻りを試している。

雇用統計の結果次第となりそう。

予想通りであれば問題無し。

予想より良すぎると利下げの可能性が下がるため株は下げやすくなりそう。

予想より悪いと下げか、横のイメージです。

 

現時点での相場観でした。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ