【相場観】相場観

アメリカは中国を為替操作国認定

北朝鮮は再度、飛翔体を発射。

中国商務省はアメリカの農産品に報復関税。

 

個別はともかく相場が頭が痛い環境が続き、ダウが下落、円高、日本株にも影響必至。

こういった下落のときにはチャートも関係ないので、余波が過ぎ去るのを待つしかないが、

アメリカに追加利下げのカードがある以上、そう遠くないタイミングでの反発はあると考えます。

 

厳しいが、こういう場面はナンピンしていきたい場面。

リーマンのようなまだ状態ではなく

今日は早く微妙、明日、あさってには反発が待つと考えるので、明日あさってにはしっかり資金導入して反発を考えたい。

 

巻き込まれる形で推奨銘柄も下げてしまったが、基本路線は8月は変えず、銘柄も継続としたいと思います。

厳しいですが乗り越えてまいりましょう。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ