【相場観】難度が高いというより

現在の相場観。

難度が高いというよりも。

いわば、一部分の銘柄だけが動き、それ以外の銘柄が動かない為、やりにくい相場です。

思いきり下がったりする銘柄は少ないのですが、上げる銘柄も少ない。

 

一気に上げているサクサなどの小型銘柄に目が移りがちになりますが、

そういうのは乗ろうと思って乗れるものではありませんから、こういう場面は我慢する場面です。

 

常に上昇銘柄を掴んで、勝ち続けることができればいいのですが、相場というものは得てして、動きには順番があります。

IPOなどで、いい展開を常に取れればよいのですが、リスクの少ないやり方をしなければならないため、常にIPOで利益を倍増、とはなかなかいけないところはご理解頂ければ幸いです。

今は、直近で材料が出た銘柄にとことん資金が移り、他があまり動意しないといった体制になっていますから、ここはぐっと我慢をしましょう。

 

押した銘柄はしっかり仕込むといいと思います。

売られる理由のない銘柄も沢山ありますから、

陽光都市開発(8946) 8946 株価と銘柄情報

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(4576) 4576 株価と銘柄情報

メディアグローバルリンクス(6659) 6659 株価と銘柄情報  ただし6659は雲下に抜けないことを前提に

あたり、押し目、時価、ともに面白いでしょう。

 

また、冴えない動きのミクシィ(2121) 2121 株価と銘柄情報 は考え処です。ここら割れるようならロスカットすると思います。相場としては、我慢のしどころ。

日本通信(9424) 9424 株価と銘柄情報 、ディジタルメディアプロフェッショナル(3652) 3652 株価と銘柄情報 は、日足での雲を割っていく強さがない限りは、ロスカット、あるいは同値撤退をする予定としておきます。

 

また、これはご注意なのですが、銘柄を1点集中すると、その時上手くいけばいいのですが、経験上、最終的にいいことはありません。

出来れば複数に分散してやるようにしましょう。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ