【相場観】【投資方法】注意していきましょう。

下げるというわけではなく、投資方法について、要注意です。

 

こういった相場で、動きが悪いときに、急激にあげている銘柄をやって損をすることのないようにしましょう。

どうしても、材料系相場となると、銘柄の一端が上げてしまい、持っている銘柄が上がらなかったりするジレンマに陥ります。

こういうときに、動いている銘柄に乗ってしまって、やられてしまうパターンが非常に個人投資家で多いです。

 

功を急ぎすぎるのは良くないです。

当サイトを見ていらっしゃる方は、とにかく上げる銘柄を期待しているとは思うのですが、

そういうときに急いで買ったりすると逆に相場はいくものです。

10月のような、買い時にしっかり買うことが大事であり、その後上げた相場でしっかり売ることが大事。

当たり前のことですが、えてして、逆をやってしまい撤退する投資家が多いと感じます。

 

逆にいえば、相場の中の魑魅魍魎(敢えて、そう呼ばせていただきますが)たちは、こういう相場や、上げている相場で、いつ売ってやろうかと虎視眈々と構えております。

更に言えば、10月のファンド売りによるダウ、日経大暴落は、ファンドはとにかく利益確定、であり、何も痛むことなどありません。

利益確定をして、10月中旬がきて、個人がもうだめだと追証、また投げ売りをしているところを、喜んで買って収益にしています。

 

逆を行ってはいけないということを、しっかりと常に頭に入れておきましょう。

動かない時こそ仕込み場で、ダメな銘柄もありますからそういうのは切っておき身軽になり、いいものを仕込んでおき、待つ、です。

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ