【相場観】IPO関連が凋落 次回IPOへの資金づくりの可能性も

IPO関連が凋落。

 

特にSHIFTはSTOP安となるなど厳しい展開。

IPOが足をひっぱり、また政策と関係の薄いゲーム関連なども弱く、新興全体が活況が薄い状況です。

また、高値警戒感から日経平均自体も上昇傾向が薄い。

下値は堅い状態ではありますが。

 

推奨銘柄等からは、いくつか新興で、ゲーム関連や、IPOなど、今回落ちている銘柄を紹介しておりましたが、

凋落が始まる前に、IPOは昨日利確し、1つゲーム関連を紹介していましたが、少しロスカットにはなりましたけれども撤退をいたしました。

100%勝つことは株式投資の世界では不可能ですから、きちんとロスカットはロスカットとして、冷静に対処をしていくべきであります。

 

また、ここ数日上げ調子であった材料系銘柄も、さすがにあげすぎというところと、IPOの関連で懸念され、大きく上髭。

サクサ等がその典型。

インフルエンザ関連が気を吐いていますが、それもさほどの影響がなく、バイオ関連もマチマチといった展開で、方向感がなくなってきております。

 

明日の相場が終わりますと今度は3連休となり、このままいくと明日の相場は強くはなりづらい。

ということで今日はあまり無理はしないで、押し目を待ちつつ、仕込みに徹する場面と思います。

 

株で常に勝ち続けるのは難しいですし、

常に5%、10%が1日で取れてしまうような銘柄をやっていると、今日のようにしっぺ返しが必ずきますから、

戦略に乗っ取った投資を心がけましょう。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ