【相場観】年末IPO再開に向けて、新興からの資金流出傾向が継続

おはようございます。

 

タイトル通り、既存IPOからは資金が逃げつつある。

紹介している既存IPO銘柄から資金が逃げつつあるため、これらは申し訳ありませんがロスカットとなりましたが、次でリベンジさせていただくべく、銘柄調査を進めていきます。

一発勝負となってしまうIPO銘柄は振るいませんでしたが、有料会員様向けの中長期銘柄はここのところ上昇中。

イメージとしてはG・テイスト(2694) 2694 株価と銘柄情報 のようなイメージとなっております。

 

 

さて、マザーズなど新興から資金が逃げていますが、IPOが復活し、また停滞となるときには踊場からのIPOの復活がありえるわけで、そういったところをまた狙っていきたいと考えております。

 

今週は総選挙銘柄が注目されるかもしれません。

とはいえ、総選挙はもうわかっていることですから、注目といっても11月には仕込んでおかねばならない、今は売り場とも言えますが。

当サイトではデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(4281) 4281 株価と銘柄情報 を460円で紹介しましたが、動きとしては見ての通り。

次に来る銘柄、しっかり探していきたいと思います。

 

量的緩和で続く日本、海外。

基本的考えとしては株高方向ですから、その状況にどの銘柄が乗っていくのか、しっかり見極めていきたいと思います。

 

短期的な流れは新興は新規IPOへ資金が流れ、他先物、などは円安と海外株高から日経平均寄与銘柄は上昇傾向です。

 

今週もよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ