【相場観】ギリシャ政局不安から一時的に大きな下げ、円高。

おはようございます。

 

申し訳ありません、会報作成中ですが、少々お待ち下さいませ。

 

相場観から。

 

ギリシャ政局不安から一時的に大きく円高へ。一時117円台に乗せる展開もありました。

が、相場というのは行き過ぎることが多いもので、その後大きく戻す結果。

 

為替がこれだけ動けば日経平均先物が動くのも当然、またダウも一時17629ドルまで下落する展開がありましたから、シカゴ日経としてもかなりの下げ、一時17310円という動きを見せました・・・が、これは買い場だと思います。

 

一気に戻している理由は、確かにギリシャ問題はあれど、方向性が変わらないこと。

ギリシャ問題はあれど日欧緩和方向が変わりませんし、大きく下げる展開があれば喜んで買っていきたい場面だと思います。

 

そういったことを踏まえて戦略をたてていきます。

 

それでは、本日も宜しくお願い致します。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ