【相場観】【ごあいさつ】新年相場 全体相場は弱いが、個別は活況

いつもご覧いただきありがとうございます。

あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

 

新年相場。

 

大納会でリスク回避のために売られていた銘柄が、強い環境に思えます。

紹介中の新規IPO、新興銘柄、実績好調な低位株等に資金が入っているように思えます。

 

スイングトレードにはもってこいの1月となるかもしれません。

後ほど別の記事で紹介しますが、有料会員様にポートフォリオとして紹介しましたIPO銘柄は各銘柄好調中です。

 

全体相場も、世界的な緩和政策のもと、株高に動く可能性は高く、

今年も株式に対する意識は強いものとなるでしょう。

また、貯蓄されている資金を、動かすための政策(NISAもその一つ)も、今後もさらに出てくるかもしれませんし、

相続税や教育に関する子、孫への税政策等、今後も資金を動かす為の施策・・・が出てくるでしょうから、株には強気の示唆で今のところは考えております。

 

もちろん、株というのものは水物で、悪いものがあれば売られるのは当然のことで、調整は調整として必ずあるものですが、都度考えていきたいと思っております。

 

それでは今年も宜しくお願い致します。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ