【相場観】場味 戦略 その他

各銘柄、各情報から考えても場味的にはあまりいいとは言えない。

去年の年初も厳しかったですが、今年も厳しい。

しかし、原油安とは言いますが、原油安自体は中長期的に見ると悪材料であるとは言い切れず、

安くなりすぎの、懸念されすぎ、というイメージでありますので過度に懸念されたところはむしろ買い場になりえる、と考えています。

 

その過度の部分が落ち着くのも時期だと思いますがそれまでは個別、といいたいところですが、

その個別も材料が出た銘柄等しかやれるものがないため、安値仕込み、待つ、という戦略が基本となりましょう。

 

上昇した銘柄も足が速い。

個別の中でも、更に個別を狙うイメージで局所的に攻めるか、中長期銘柄を仕込むのどちらかが戦略。

 

本日有料会員様へ紹介した銘柄は、出来高が少ないためじっくり仕込んで長期。

時価総額も小さいが、長期長期で見れば、大きく上昇する可能性のある銘柄、というものを紹介しています。

しかし、出来高が少ないため、割と経験者寄りの銘柄となっております。

長期ですから時間もかかるでしょう。

 

他、新規IPO銘柄も出しており、こちらはGUから始まっていますので面白い。

先月末に紹介、今年初めに10~20%ほど取っていますが、再度の紹介。

以前の記事を追って頂けると、何の銘柄なのかわかるかもしれませんので、気になる方は以前の記事を追ってみてください。

 

何にせよまずは、全体相場の悪いほとぼりが冷めることが先。

ダウの下げも75日平均線あたりが一つの下げのいいキリとなりそうですし、

全体の流動性から考えると、過度な下げがあれば、夜に日経平均先物をやってみたくなるような動きとなっております。

 

それまでは個別で、ダメなものはきちんとロスカットし、上がるものはしっかり上昇を伸ばす、

この基本戦略を取っていきたいと思っております。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ