【相場観】【銘柄レビュー】日本銀行金融政策決定会合 現状維持を発表

ドル・円は117円後半で推移しています。

朝方118円中盤で推移していたことを考えると、日本銀行金融政策決定会合の結果への失望売りと見て間違いはないのですが、

そもそも期待されるようなものがないと考えられるところでしたから、失望売りも何もないわけで、

先物、為替の、日本銀行金融政策決定会合に対する、基本的ないつもの動き(前評判から少し上げる、為替は円が安くなる→現状維持で株価は下落、為替は円高)といえるでしょう。

これ自体は、別段、なにということもありません。

予想通りといえますし、朝方会報のなかで申し上げた通りです。

 

金融政策としては、

・マネタリーベースを年80兆円増加維持
・成長基盤強化の資金供給は、本則を7兆円から10兆円へ増額
・貸出増加支援と成長基盤強化を1年間延長

 

このあたりも別段特別なことはないでしょう。

 

というわけで予想通りの範疇であり、円高、株安も予想の通りといえ、今後の展開は22日の欧州に移ってまいります。

 

 

さて、個別銘柄ですが、まちまちです。

悪いものは特にないと思います。

 

昨日無料版で少し紹介したメタウォーターがいい動きになりつつあります。

 

今日は、日本通信(9424) 9424 株価と銘柄情報 が強い。こちらはようやく動いてきた。

決算があり迷うところですが、材料性は高いだけに継続したい銘柄。

 

テクノプロ(6028) 6028 株価と銘柄情報

いい動きです。2200円へ上昇しそう。

紹介してからは10%は達成です。

 

他はあまり動いていないですが、

トレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報 はそろそろ動くのではと思っています。

 

ホットランド(3196) 3196 株価と銘柄情報

もかなりいい動きだと思います。

 

他、本日としてはあまり強くないものもありますが大きな下落もないので大丈夫でしょう。

 

紹介してからマイナスである銘柄がほとんどないだけに、安心して投資できるのではないかと思います。

ダメな展開となったブロッコリー(2706) 2706 株価と銘柄情報 なども、1400円で切っておりますし、チャートが崩れたものは、特別な理由がない限りはきちんとロスカットしていきますのでよろしくお願いします(日本通信(9424) 9424 株価と銘柄情報 などは特別な例として、400円後半でも、持越しました)

しかし、どの銘柄もまだまだこれからだと思っています。

 

タイミングによっては利確、押し目で再度狙うなどもあるかもしれませんので、そういった場面はしっかり見ていただければと思います。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ