【相場観】やりにくい相場状況となっています。

おはようございます。

会報にも紹介しているのですが、かなりやりにくい相場となっております。

 

アメリカ側は、国からの株式市場への資金流入が少ない状態(日本、欧州は量的緩和からの底堅さがある)であるため、

少し悪い材料が出ればしっかり売られるというスパイラル。

日本、欧州に関しては、資金が潤沢であることもあり、ある程度売られても底堅い動きとなりやすい。

 

ダウが弱いなか日経平均が強く、円高傾向にあっても強い。

ドル円も大崩れしないですし、なかなかに難しい相場展開となっています。

 

日本側は大型決算が今週から始まります。

アメリカは雇用統計に、本日の1月度ISM製造業指数の発表。

アメリカ側も、厳冬、そして円高によるISM製造業指数の低調が見込まれ、難しい舵取りとなりそうです。

 

サプライズ的に良い数字が出れば話は別ですがなかなかそうはいかないでしょう。

 

ここは、基本的には様子見が賢明とみています。

ただし、様子見とはいってもIPOなど個別は活況ですので、そういった銘柄の押し目を狙いにいく形をとっていきます。

 

面白い銘柄が見つかりましたら、紹介させていただきますので、よろしくお願い致します。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ