【相場観】全体相場の押し目どころ

日経平均株価ですが、

ここのところ、1月から押し目がありませんでした。

 

今回は押し目があるかどうか?微妙なところではありますが、19000円というポイントは、越すのにはパワーが相応に必要そうであり、

外部環境もアメリカが利上げという、少々長引きそうな原因を持ち始めましたので(雇用統計がいいからこその利上げではありますが)

すこし長引く?かもしれません。

 

チャート上は、押し目どころとしては25日平均線と、4月に差し掛かると一目均衡表が上昇を始めますので、このあたりが気になるところ。

全体的に言えば、18000円前半ぐらいの押し目はあってもおかしくないであろうと予想し、

全体的な指数で考えるのであれば18500円あたりから、18000円にかけて、仕込んでいってもいいのかなというポイントではあります。

 

もちろん外部市場、日本の状況、政治事情、等加味した上で考えてまいりますが、今は、タイミング的には買いというよりは、待ちの展開。

 

では空売りをすれば?と言いたくなるかもしれませんが、

ここまで強い環境で、上昇線がでている中で、空売り仕掛けは逆にリスクが高まります。

踏み上げを防ぐために、基本は空売りはせず、予想通り押せば押し目買いというスタンスです。

 

押さなければ、例えば横ヨコ展開になるのであれば個別が強くなるので、新興や個別で稼ぐことがしやすくなりますから、

そういったものを狙う(今仕込んでいる銘柄の活躍時になる可能性も高い)としていきたいと考えております。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ