【相場観】ここのところ躍進した銘柄の弱さが目立つ

日経平均下落中。

 

ここのところ躍進していた主力銘柄の弱さが目立ちます。

昨日、一昨日と、アルツハイマー型認知症の治療剤 BIIB037のフェーズIb試験結果が公表され、それにあわせて各証券会社等が出したレーティングUPの材料から、急伸しております。

しかしながら本日は寄りから弱く、場中も弱い展開となっており、日経平均へのかなりの重石となっている。

エーザイだけで-20円の寄与。

 

ファナックも弱い。チャートも悪くなってきた。

こちらはIRを積極的に公開していく・・・という会社の方針転換が好感された。

チャートが悪くなってきていますので、要注意。

こちらで-10円の寄与。

 

値上がり、値下がりはそれほど数は変わらないので、あとは全体的に弱気ムード。

昨日のダウが弱気であったことからも仕方ないところではあるが、

今はダウが調整を欲しがっている様子。

 

米は、指標が良いと利上げが早まると訝しんでいるため、指標が良くても上がらず、指標が悪いと上がるのかどうかわからず、と調整したがっているのが明白に見えるわりには、強い日もあるためこれも予想が難しい。

 

主力にも資金が入らない。低位株の躍進もあって、やるものがないという場面。

 

現在は材料に対して上下どちらにいくか読みの効かない、シーソーゲームですので、今は落ち着いて安いものだけ仕込んでいくのが吉となるかもしれないですね。

高値を追わず、じっくりと安いものだけ仕込んでいきましょう。

 

 

 

 

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ