【相場観】前場引けについて

 

 

前場が引けます。

 

日銀会合の結果は

サプライズなしと考えるならばウリ、

サプライズありと考えるならばカイ。

 

となると考えます。

 

大きな資金を動かすところだと、そういった情報などはある程度予想としては、認知されているかもしれませんが、

投資顧問レベルではどんな大きなところでもそういった情報が入ってくるということは、基本的にないでしょう。

(そういうところがあれば、確実に人気化しますし、どこかでリークされていることがわかってしまう可能性が高いでしょう)

 

今回は予想としては、サプライズ無しと考えるので、相場としては若干マイナスか落ちると考えております。

外れた場合の可能性として、個別銘柄でしたら問題はないと思いますが、

先物などされる場合は17800円あたりでの逆指値をいれておくという方法がいいのではと思います。

もしもの追加緩和が入ってくると、一気に上昇するでしょうから、

 

個別にはさほど影響はないかもしれませんが、追加緩和の有無は日経平均にかなり影響がありますし、

そもそもここまでここ数日で買われた理由を考えると、もしかするとの追加緩和もあるかもしれませんが、

追加緩和期待で上げてきたのではないか・・・と考えるため、

基本的には追加緩和無し、ウリ、でリスクヘッジのために上で逆指値というのが先物としては面白い戦略ではないかと考えております。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ