【相場観】日経平均・先物 リスク負担低の投資の考え方

日経平均、先物の考え方です。

 

まず、当サイトは先物中心ではないので、日経平均の考え方に近いのですが、日経平均が読めれば先物もスイングができます。

先物をやる場合、

・デイトレ

・スイング

・中長期

と分けることができますが、デイトレは感覚的なものがあるのでここでは省略します。

 

スイングの考え方こそが一番念に入れるべきところで、

考え方としては、一番やりやすい。

 

今の水準は、実は中途半端で、上にいくか下にいくかが微妙です。

チャート的には、陰線が続いていること、上値の重さ、円安に進まないことなどから、押しがありそうなのですが、確率が少し上がるかなという程度のものです。背景には緩和策の継続があり、押し目は国策で買われそうですから、あまり下値を叩くのもどうかなと思う次第。

 

というわけで、あるかどうかわかりませんが、夜間日経平均も含めて、25日平均線あたりがあれば、そこで拾うイメージ。

拾う時も、できることならば3回ぐらいにわけて、たとえば今日の25日平均線は19561円ですから、

19600円、19500円、まさかの19400円あたりを3回ぐらいにわけて入れるイメージで考えると、リスクも少なく、下げなければやらない、というような投資方法でやりやすいでしょう。

 

最近、下げるときも上げるときも先物で夜間に動くことが割りとあり、その数値を昼間の日経平均では達成出来ないことが多い。

それを狙って、夜間の日経平均先物の下落を拾う、というイメージが面白い戦略となるでしょう。

 

 

中長期に関しては、数ヶ月単位となりますから、基本は買いで考えます。あとはどこで買うか、それはセンスでしょう。

今買いで、下げたら再度買い、等でも良いでしょう。

数ヶ月で見る中長期ですから一喜一憂の必要がないのでじっくりとやれると思います。

 

日経平均先物もラージ一枚で、あたれば日経平均1000円の上昇(下落)で100万円ですから、戦略通りにやって上手く稼ぐ1つの方法にしておくと、投資家としても1つレベルアップすると思います。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ