【相場観】日銀会合の発表された時間と、傾向など

http://fidelia.unifas.co.jp/nitigin_kaigoutime/

 

上の記事で、日銀会合の発表された時間と、傾向などを簡単にまとめました。

 

・大事なことが決まるときは遅めになることがある

・主要な方の退席があり遅くなる場合も

・現状維持の場合は早いことが多い

 

あくまで傾向ではありますが、先物や為替をやる場合はこうしたことも考えていくと少しでも確率があがるかもしれません。

 

今回の予想は、コンセンサス通りで、上方修正があってもおおよそコンセンサス通り。

追加緩和や刺激策がなければ不動産、銀行、保険などが下がり、調整へ向くのではと予想はしております。

そして、押したところは買い場となると思いますので、その数値を考えると

20000円~19800円

あたりが仕込みどころか?と現状では予想です。

 

これに海外情勢なども組み合わせてまいりますが、詳細などは週末に考えていきますので、現状では以上のようなイメージです。

 

→先ほど発表されました。

緩和維持。追加緩和無し。

 

このあたりは当然の予想範囲内。

 

先物価格に動き無し。

後場の不動産、保険、銀行がどう動くかですね。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ