【相場観】7月31日につけた数字

7月31日に日経平均がつけ、

陰線で終わったこの15759.66の数値ですが

これが天井になる可能性を考えておいたほうがいいでしょう。

日本株が独自に動くようになっている、円安が壊れなかったので、それはそれでいいのですが、リスクが高い。調整をしない日本株に違和感を覚えます。そろそろ一旦売りの攻勢、調整がはいり、15000円前半まで急落というのも考えておかねばならないでしょう。

 

リスクとして、考えておいて持っている枚数は減らしておく方向に進めていきます。

まずは、予想通りに動かなかったIBJは一旦撤退。

オンキヨーあたりをどうするか考え中です。欧州が悪いとここに影響が出るため。

 

ダウの急落はインパクトありました。

が、わかっていた材料であり、同じ材料では、大きく落ちてもあと1回。おそらくこの材料だけなら今夜持ち直すと思われますが、雇用統計が待ち構えていますから、大きな資金がどちらに進めたいのか、でまったく話が変わりそうです。

指標としては、基本的に堅調、と予想はしております。

 

むやみやたり銘柄を紹介はしませんが、

後でネット系の銘柄で、そろそろ押し目かという逆張り銘柄をロスカット厳守で限定的に狙いにいく銘柄を紹介します。

決算後下げていますが、そろそろでは・・・というものです。

 

 

 

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ