【相場観】本日の注目材料等 リスク管理

本日の注目材料です。

・日銀が本日 日銀金融政策決定会合 会見が遅くなると、何かがあるかもしれないという観測になり買われることが考えられます。

が、基本的には何も無し、現状維持ではないかと考えます。

 

・ギリシャ情勢は、ユーロ圏財務相会合で進展無し。これは予想通りの展開。

・ギリシャショックが実際にあった昔と違い、現在は量的緩和策など、金融システムの整備をしており、ギリシャがデフォルトしたとしても、壊滅的打撃にはならないと考えられているため、デフォルト懸念がさほど相場に意識されていない

・デフォルトの懸念自体は継続している。

 

以上から、先物については、週末持越は読みが難しいため、得策ではない。

個別銘柄は、チャートが良いもの、材料期待できるものなどは持越可能。

その他のものは撤退するほうが無難。

 

紹介している銘柄は特に問題なく継続予定。

下げている川本産業(3604) 3604 株価と銘柄情報 も25日平均での反発に期待。ここを下るならば320~30円へのイッテコイも見える。

時間がかかる可能性が高くなるため見切りの可能性も。

 

 

エイシアンスターなど、おとといリスク管理のために切った銘柄は、その後下げているものが多いため、リスク管理はできたと思います。

残したストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報 なども弱いが、さいか屋(8254) 8254 株価と銘柄情報 は爆発していますし、プラップJ(2449) 2449 株価と銘柄情報 も上昇するなど悪い展開ではない。

来週から安値を再度狙う銘柄もでてくるかもしれません。吟味してまいりますので、よろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ