【相場観】IPO関連 下落傾向  次の資金流入の展開を考えていきます。

直近IPO関連が下落傾向

 

ヘリオスから始まり、スマートバリュー、ジグソーはGUからの上髭下落、マーケットエンターなど。

みんなでリスクを負って買いまくろうという動きでしたが、

次のパターンをその買いまくる動きがどちらかというと全体相場、日経平均寄与銘柄にいっており、

IPOから資金が逃げているイメージ

 

こういうところにIPOの怖さがありますので、シンプルに買いではいけず、良い銘柄で割安なときにIPOはやるようにしています。

 

さて、IPOが崩れるならば次はこの2つに絞られる。

①ギリシャ問題解決の可能性から日経平均寄与銘柄

②低位株

 

①はすでにあげてきていますが、どこまで外国人買いなどによる日経平均上昇が続くか。

場合によっては赤三兵になりそうな強さをもっているので、ここは静観。しかしそれが落ち着いたころには②が出てきそうなイメージ

②低位株

紹介しているものからは、ストライダズ(9816) 9816 株価と銘柄情報 、さいか屋(8254) 8254 株価と銘柄情報 。現在の株価は必ずしも低位株とはいえませんが、もともと低位株であったトレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報

この3つあたりが注目できると思います。

 

さいか屋(8254) 8254 株価と銘柄情報 は本日堅調。再度上を試す動きに期待。

半分は配信上残しております。

 

ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報 、トレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報 は材料待ちのところがありますが動くときは動くのではと考えています。

 

①の落ち着き後の②の動きに注目です。

 

あとは、IoT関連 ブロードバンドタワー(3776) 3776 株価と銘柄情報 の動きにも注目です。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ